子育ても毎日の暮らしも「はじまりはお家から」。西宮市苦楽園口「ひづきの森」のショップとモンテッソーリ教室をしております。 子どもと快適に暮らす楽しみ方やお家づくりについて綴っていきたいと思います。
by hidukinomori
information
★ひづきの森公式ホームページつばめの家オンラインショップ

★モンテッソーリと暮らしショップ
つばめの家 online

★ドライフラワーのshop
emi・flower

★モンテッソーリ教室の問い合わせ
つばめの家

★ESSEオンラインに投稿中
ESSE online

★オリジナル商品を納品中
モンテママのたからもの

★モンテッソーリ教育について講演中
にじいろのクレヨン

★2015年4月までのブログ(ameba)
エクなくらし+


☆メディア掲載

★2016年3月 関西テレビ「ならではハウス」に出演

★2016年9月 阪神神戸CityLifeに掲載
ライフログ
出版本
掲載誌
カテゴリ
西宮苦楽園 ひづきの森
つばめの家 モンテッソーリ教室
エミフラワー ドライフラワー
つばめの家 オンラインショップ
自宅モンテ
子どもと整理収納
子ども服づくり
布小物づくり
小学3年生の過ごし方
小学4年生の過ごし方
3歳の過ごし方
4歳の過ごし方
お家のこと
おでかけ
おすすめのもの
暮らしの工夫
ESSEオンライン
掲載誌
ちいさな森
自己紹介
モンテッソーリ育ち
出版本
タグ
(80)
(22)
(19)
(17)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
記事ランキング
以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
タグ:子育て ( 80 ) タグの人気記事
お箸の練習について
e0340757_13552771.jpg

こんにちは。
つばめの家スタッフの佐々木です。

今回は、お箸についてお話したいと思います。
息子は現在3歳10ヶ月になりますが、お箸を上手に使うのはまだまだです。
お恥ずかしいお話ですが、私はすぐ周りの子どもと自分の息子を比べてしまう性格でして。。。
一度比べてしまうと、もう地獄で、私の気持ちの焦りが息子を追い詰めるという事も多々ありました。(←この事については、また後々お話しますね。)

お箸についても私の焦りがあって、息子を追い詰めそうになりました。
そんな時、藤原先生に相談をしたところ、「そんなに焦らなくても大丈夫です。できる時は必ず来ます。」と言ってくれました。
相談をした中で、先生がお箸のお仕事を一つ教えてくれました。

小さな消しゴムやゴム製の小さなフィギアなどをお箸を使って移す練習です。
これは“つばめの家”でもやっているお仕事です。
教室でもこのお箸のお仕事をよくやっていた子どもは、お箸の使い方が上手です。

お箸の練習のポイントして
①まずはスプーンを3本の指で持てるようになること。
②はじめはどんな持ち方でも良いので、お箸を使って移す練習をする。
③きちんとした持ち方を伝える。

お箸を上手に使いこなすには、やはり手が育たないと使いこなせません。
モンテッソーリ教育では、この手を使う教具がたくさんあります。
自分で手をコントロールする事ができると、お箸を使いこなせるようになっていきます。
なので、お箸を使いこなせないと悩む前に、手仕事をたくさんやらせてあげるのが大切だという事を藤原先生から学びました。

それからは、「焦らず、ゆっくり」を自分の合言葉として自宅で生活のお仕事をさせていました。(詳しくは後々に綴ります。)
また、食事の時は、お箸を必ず出すけれど、お箸で食べる事を強要せず、息子がお箸で食べたいと思った時だけ食べさせてました。
息子のペースで進めていく事と、生活のお仕事を根気よくやっていた結果、少しずつお箸を使いこなせるようになってきています。

モンテッソーリ教育に触れて感じた事は、遠回りだけど土台をしっかり育ててあげる大切さです。
今出来ていることは土台があるからであって、土台をちゃんと作ってないとお家がぐらつくように、子どもの育ちも土台をしっかり作っておかないといくら色々詰め込んでもダメなんだなと感じました。



詳しくはママの会でお話をしています。
ぜひママの会にご参加ください。









[PR]
by hidukinomori | 2017-09-14 14:14 | 自宅モンテ
ボタンのお仕事

e0340757_14205662.jpg

つばめの家スタッフの佐々木です。


前回からかなりご無沙汰の投稿となりました。申し訳ございません。

つばめの家での事務作業がバタバタしており、なかなかブログ更新まで手が回らなかった状況でしたが、少し事務も落ち着いてきたので、またブログの更新を頑張りたいと思います。

どうぞ、皆さま、宜しくお願いします。



今回、お送りするのは、息子も楽しんでいるボタンのお仕事についてです。

息子は手先が器用な方ではなく、モンテッソーリでいう3本の指を強化する必要があるなぁといつも思っておりました。

そして、なぜ今、息子にボタンのお仕事をさせたかったかと言いますと。。。

同年代の子がこのお魚ボタンをすんなり留めていました。

息子はと言うと…大きなボタンは留めれても、このサイズのボタンは留めた事がなくて。。。



早速、購入して息子にボタンのお仕事を勧めたら、その日は素直にやってくれました。

(現在、息子は3歳9か月で、こちらが勧めても気分が乗らない時や魅力的に感じない時等は「イヤ。」とハッキリと断る事も多いお年頃です。)


早速、ボタンのお仕事をする息子ですが…やはりボタンが小さいので、留めることがなかなかできなくて…。

「できない!できない!」と大泣きして、癇癪を起してました。

癇癪を起すると、周りの声も入らないようになるので、癇癪を起したときは、「落ち着こう!ゆっくりやったらできるから!」と声をかけてあげます。

息子の性格上、最後までやりきらないと気が済まないので、私が横に付いて励まし、泣きながらボタンを最後まで留めました。

息子が最後までできた要因として、フエルトがしっかりしていること、ボタンの穴もそんなに固くなかったことだと思います。


今も時々、お魚ボタンをやっている息子。

まだ完璧とは言いがたいですが、息子の成長にちょうど寄り添い役に立っている教具だと感じました。




お魚ボタン及びスナップについて、つばめの家モンテッソーリ教師藤原がインスタグラムで以下のように言及しておりますので、抜粋致します。

  “お魚ボタンとスナップが出来上がったので検品をしていましたら、小学4年生の息子が懐かしくなったみたいで楽しそうに、スナップをはめています。

今の手先の器用さや、小学校で順序よく事を進められているのは、幼児期のこんなお仕事の積み重ねだと、私はありがたく思いながら見ています。”



このお魚ボタンについて、つばめの家のオンラインショップで購入可能です。(←申し訳ございません。好評につき、今現在完売しております。入荷については、今しばらくお待ちください。)

是非、この機会につばめの家のオンラインショップをのぞいてみて下さい。



ひづきの森 佐々木









[PR]
by hidukinomori | 2017-09-11 15:19 | 自宅モンテ
夏の衣替え mamalife
e0340757_03041420.jpg


ゴールデンウィークの事ですが、衣替えをしました。
年々暑くなるのが早いような気がします。
すでに真夏日が続いていたので
6月を迎える前にもう衣替え。


今年はつっくんに自分で衣替えをしてもらいました。


どういう順番で進めていったら
うまくできるだろうか。
一緒に考えながらしてみました。



息子は、①まず全部出す!
②そしてその中から、今着ているものだけをたたんで入れる。
たたむのが面倒なようでしたが、
使いやすさを考えながらたたんでみました。

③そしてこれからの季節の物を全て入れる。

④冬物はケースにしまう。

「使わないもの着られないものはできるだけ処分し、
必要なものがちゃんと入るようにしよう」
が我が家の口癖です。
※時には誰かにあげたりリサイクルしますが、押し付けは絶対やめよう。みんなそれぞれ思いがあるから。も私たちの約束にしています。


しぶしぶかもしれませんが(笑)
そうして、物を入れ替え、大切なものを大切に使うことを一緒に考えています。
そのおかげか、ずいぶん取捨選択が上手になりました。

e0340757_03044644.jpg

右は娘のタンス。左は息子のタンス。

こんなにきれいに片づけても、
しまう時にぐちゃっとなりますが、
気が付いた時に私が整えるようにしています。


e0340757_03043060.jpg

あおちゃんももう少し大きくなったら
一緒に衣替えをしたいと思います。

女の子はおしゃれさんですね。
タンスの引き出しを開けるのが好きで、
いろいろと組み合わせて楽しんでいます。

e0340757_03050225.jpg


今着ない、季節外の服はケースにしまって
ロフトに置いておきます。

透明のケースなので、
どこにしまってあるかが分かりやすく、
子ども達は、ロフトに上がって、
必要なものを取りに行くこともあります。


私も、子ども達も見えないと
探すのに時間がかかる。
だからあえて、透明にして見えやすくしています。


写真の時計を見て気がつきました。
衣替え約20分。


衣替えの時に取捨選択をしておくと
衣替えも時短になりますね。

















[PR]
by hidukinomori | 2017-06-06 03:35 | 小学4年生の過ごし方
ご飯は一汁一菜でもいい。
e0340757_23214365.jpg
はじめまして。つばめの家スタッフの上原です。皆さまどうぞよろしくお願いします。
私には現在8歳の小学校2年生の娘がいます。
娘は2歳からモンテッソーリ教育を始め、5歳からつばめの家の前身である教室に通い、家でもモンテッソーリ教育を基盤とした生活を心がけて今に至ります。
スタッフブログでは、娘にしていたお家でのモンテッソーリ教育やモンテッソーリ教育を受けての現在の姿、暮らしのことなど、
「はじまりはお家から」を色々な視点から綴っていければと思います。
その他にも商品のご紹介などもさせていただきます。
皆様の生活に少しでも役立つ情報を発信できるように頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

e0340757_21133782.jpg
e0340757_21135538.jpg
ゆっくり慎重に入れる娘。性格が出ますね。

さて、今回は本のご紹介をしたいと思います。
土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」という本です。

皆さん、毎日の献立を考え、作るのは大変ですよね。
「この本は、お料理を作るのが大変と感じている人に読んで欲しい」と土井さんはおっしゃっています。
本の本質からずれないよう私なりに本の内容を引用し、要約しました。

土井さんが言う一汁一菜とは「ご飯、味噌汁、お漬物」。

ご飯を炊いて、おかずを兼ねる具だくさんのお味噌汁にお漬物。味噌汁を具だくさんにすることでおかずを兼ねるものとなり、おかずをわざわざ考える必要はありません。これでしっかりバランスの良い食事を摂ることができるそうです。

中に入れる具は何でもいいのです。例えば、野菜、少量の肉、卵や豆腐、乾燥わかめなどの乾物でもいいのです。
それらを入れてお味噌汁にする。これにお漬物。お漬物がなければ佃煮や梅干し、それもなければお味噌をご飯につけて食べてもいい。
これで立派なお夕飯になります。

これを基本にして体が元気な日、仕事から早く帰れた日など余裕のある日はおかずをつければいい。
おかずがあるならその日はお味噌汁はシンプルな具に変える。

これを読んだ時、私は衝撃を受けました。
「これでいいんだ。難しく考えたり、彩りよくしたり、品数を多くしなくてもいいんだ。一汁一菜でいいんだ!」と。

献立を考え、作ることが苦痛になったり、プレッシャーになる人が多いと聞いたことがあります。
私もそう思う日があります。誰しもそんな日があるのではないでしょうか。
でも、家族にはちゃんと栄養のあるものを食べさせたい。でも、しんどい。
「一汁一菜でいいんだよ。」とわかっていればどんなに心に余裕ができるでしょう。
時間にも余裕ができます。空いた時間で子どもたちとゆっくり話ができたり、遊べたりしますし、自分の時間も作れそうです。

お母さん達からよく聞く言葉です。
「子どもにお仕事を作ってあげたい。子どもにお仕事を紹介したい。環境設定をしてあげたい。でも時間がない。」
「基本は一汁一菜だから、今日(毎日でもいいんですよ)はそうしよう。」となれば少しはできそうな気がします。
子どもと一緒に一汁一菜を作るのもいいですね。


e0340757_23004658.jpg
娘が作った一汁一菜です。お盆に置くと豪華にみえますね。


一汁一菜でいいとなれば、途端に色々できそうな気がしてくるのは私だけでしょうか。
もし、今日は疲れたなと思う日があれば、一汁一菜にしてみてください。
結構食べる子がいるから・・・という方は簡単です。ご飯やお味噌汁をたくさんおかわりしてもらえばいいのです。

お子さんとの時間や自分に手をかける時間は食事と同じように大切な時間です。
その時間が充実する一助となれば幸いです。
土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」、ぜひお手に取ってみてください。

ひづきの森 スタッフ上原
















[PR]
by hidukinomori | 2017-06-03 23:36 | 暮らしの工夫
紙でみつあみ



e0340757_22203664.jpg


今日4歳になったあおちゃん。
朝から、「お母さんおカバン作ろう」と誘ってくれたので、
付き合うことにしました。

最初に紙編み(黒い紙)をし、次に三つ編みを。
モンテッソーリ教育を学ぶまでは
三つ編みと言えば髪の毛で編むことだと思っていましたが、

紙で編む方法があるとは。

教室のお友達も大好きなお仕事です。

この三つ編みの部分は
カバンの持ち手になります。


e0340757_22241070.jpg




e0340757_22201655.jpg

一人でもくもくと作っていると思いきや。

e0340757_22282801.jpg

「お父さん、そこに座ってみていてね。
あおちゃんがみつあみをするからね。」
と父を座らせているのでした。

父「こうやって座っていたらいいのですか。」
あお「そう。そこに座ってみているだけでいいからね。」



インスタグラム

















[PR]
by hidukinomori | 2017-06-03 22:45 | 4歳の過ごし方
親子の時間について
e0340757_12141339.jpg

こんにちは!
ひづきの森スタッフの佐々木です。

前回、息子と私の変化を綴っておりました続きを恥ずかしながら綴らせて頂きます。


息子がつばめの家のリトルベアクラスに入ったのが2歳8か月でした。
前回も書いたとおり、やんちゃ全開でずっと動いている子どもでした。
また、私が家で息子がやりたいことに制限をかけていたことが原因で、教室では全ての教具を出すという状況でした。
ある時は、アイロンがけにする霧吹きを窓にずっと吹きかけ、窓がビショビショになる惨劇を繰り広げました。
私だったら激怒すること間違いない状況なのに、藤原先生は、そんな息子を見て、「そんなに霧吹きをしたいなら、外に出てお花に吹きかけてあげよう!」と言って息子を誘いました。

藤原先生は、子どもに対する声かけが素晴らしく、子どもを全否定することはありません。(私とは大違いです!)
子どもの行動には理由があり、その理由を探るために観察する。
それをつばめの家に通って私が学んだ事です。

つばめの家で学んだ事を全てできてはいませんが、お家では自分が出来る範囲で息子にお手伝いをお願いしたり、紐通し等のお仕事をさせてみたりとやっていました。
また、モンテッソーリ教育の知識がない私にとって、お家でモンテッソーリをやる際に、藤原先生が開講している「お家モンテを楽しむ ママの会」での学びが非常に役に立ちました。

このように、私と息子のモンテッソーリ教育は始まりました。
今、息子は年少さんになり、幼稚園クラスに通っています。
やんちゃ盛りで、元気一杯おふざけをするけれど、やる時は一生懸命お仕事をしております。
これからも少しずつですが、我が家のお家モンテをご紹介できたらと思います。


ひづきの森 スタッフ佐々木



[PR]
by hidukinomori | 2017-05-15 13:43 | 自宅モンテ
ナスが食べられるようになったよ
e0340757_16472730.jpg

これは随分前の事ですが、
あおちゃんがようやくナスなどの野菜が食べられるようになりました。

つっくんの小さい時は、
色味の黒い物を出すことが多く
小さい頃から古風な物を食べていたため
好き嫌いなく育ちましたが、
あおちゃんには少し甘やかしてしまったかもしれません。

気が付くと、ナスやピーマンなどの青い野菜
が嫌いになっていました。


料理の工夫でなんとかなると言われても
そう簡単には食べてくれませんし、
忙しい毎日
工夫ばかりしてはいられません。

そんな時、テレビの料理番組で
(普段は全く料理番組なんて見ませんが)
ナスの塩もみをしているのを目にしました。

きゅうりの塩もみならばわかるけれど、
ナスにも塩もみがあるのか~と早速実践。

数度試した後、あおちゃんにも教えてみました。

e0340757_16471060.jpg


サイコロ状に切ったナスに塩をふりかけ
(塩を振りかけるところはあおちゃんが)
もみもみもみ。
e0340757_16471884.jpg

きゅっきゅっきゅ。

e0340757_16470356.jpg

10分程置いたら、少量を手に取り、
e0340757_16465312.jpg
ぎゅーっと絞る。

しっかり水気を切ったら

e0340757_16464568.jpg
ボールにうつし、

e0340757_16474541.jpg

スープ鍋の中に。


そして、写真はありませんが、スープの出来上がり。
この他にも、ミンチ肉とごはんと炒めてチャーハンにしたり
お味噌汁に入れたり、ラタテュイユにしています。

塩もみすることで、水っぽさが抜け、油やだし汁がよくすいこんで
甘みが出ます。

こうして、自分で塩もみして、おいしい香りがしてくるのを目で見ているからか、
「あおちゃん、ナスが好きになったよ」と
食べてくれるようになりました。

それに付随して他にも、
下処理方法を変えるだけで
野菜がたくさん食べられるようになりました。




コツ:ナスの塩もみ
   自分で作る。



ーーーーーーーーーーーーーーー

ひづきの森shopopen

土曜日・日曜日・月曜日
10:00~18:00









[PR]
by hidukinomori | 2016-10-04 17:15 | 3歳の過ごし方
夏休みちびっこクラスの様子
e0340757_14144035.jpg

今年の夏休みちびっこクラスのご様子。

e0340757_14144892.jpg

子どもたちはお仕事を待っていたかのように、
自分で選んで作業を進めていきます。

とても静かな状態なので
カメラのシャッター音が邪魔にならないように
とても気を配らなければならないほど。

時間はあっという間に過ぎていきます。

e0340757_14190927.jpg

お仕事の後は夙川公園までお散歩。
長い距離を、風に舞うように走り
周りに溶け込む木や草の中から
上手に虫やお花を見つけていました。
子どもたちは小さなものを見つけるのが
本当に得意です。

e0340757_14150085.jpg


おやつの準備も
全部子どもたちがしてくれました。
以前から通ってくださっている子どもたちは、
「何かお手伝いするよ」と
必ず私の所へ来てくれます。

そしてお茶を入れるのも
大好きです。


あっという間でしたが、
私も楽しいちびっこクラスの一日でした。

「自分で全部自分の事が出来る空間」は
子どもたちにとって幸せな時間なんだろうなと思います。


お家では甘えたりすることもきっとあるかと思いますが
ここへ来ると気持ちが切り替わるみたいです。
本当は、手を動かしたいのだろうな。
と思います。

その為にはやはり、環境が大事なのかな・・・
お家の環境づくりには
まだまだ研究が必要になりそうだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひづきの森

open 月曜・土曜・日曜
10:00~18:00

9月よりお花の教室emiflowerを
開催することになりました。
詳細は→9月のカレンダーお教室のご案内をご覧ください。


インスタグラム→hidukinomori.ouchi
インスタグラム→hidukinomori.emiflower







[PR]
by hidukinomori | 2016-09-05 01:28 | つばめの家 モンテッソーリ教室
我が家の新しいお友達
e0340757_13402209.jpg


我が家に金魚ちゃんがやってきました。
お祭りですくってきた金魚ちゃんです。

e0340757_14351744.jpg
名前は
ニモとドリーとビッグです。
みるみるうちに大きくなって
この水槽では少し狭そうだ。

昼間は動きが素早く
夜中は、じっと動かず目を開けたまま
寝ています。



e0340757_13412472.jpg


水槽を洗うのはつっくんのお仕事。
つっくんが自分で
「お世話をするから水槽がほしい」と
主人にお願いをしました。


毎日管理はできていませんが、
水槽を出来るだけ汚さないようにするためのエサの入れ方。
「水草」はお手入れが倍ほど大変だと聞き、
水槽に入れる代わりに庭の木で気取りを楽しんでもらおう。
等と考えたりしています。

ん?楽をしようとしている。


e0340757_13405451.jpg

金魚ちゃんのエサは
左の購入時のエサ入れが小さくて入れにくいので、
お土産に頂いたお菓子の缶に入れ替えました。

e0340757_13395161.jpg


風が気持ちよく、秋を感じます。
今日はクーラーなしでも十分涼めます。

e0340757_13414711.jpg


主人とつっくんが出かけている間。
のんびり遊んでいます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ひづきの森

open 土曜・日曜
10:00~18:00


インスタグラム→hidukinomori.ouchi
インスタグラム→hidukinomori.emiflower


[PR]
by hidukinomori | 2016-08-27 14:06 | お家のこと
秩序の敏感期のありがたさ
e0340757_16331796.jpg

2歳から急に意思がはっきりし始め
自分で自分のことをすることが好きで
だけど手先も腕も十分に力がついていないので
もどかしくて泣いてしまう。

そして場所や時間や所有物にとてもこだわり。
今3歳の娘は
2歳半ごろよく、
(間違えて)私ではなく主人がバスタオルで体を拭いただけで
泣いて止まらなくなり
もう一度一からお風呂に入る「やりなおし」を
していました。

それほどまでにこだわる
秩序の敏感期に
初めて息子の2歳に直面した時は
ここまでなのかと驚き、悩んだことも幾度もありました。

「ワガママ」と捉えるのは簡単だけれど、
そうではない成長の一過程と知っているだけに
何とかしてあげたいと思い
過ごしてきました。

娘には、
「こっちの道から行きたいの!」という言葉を予想して
少し早めに家を出る。(それでも大幅に時間のロスをすることもありました)
急いでいる時は、その道を「見せない」(笑)

「これはおかあさんの。これはお兄ちゃんの。」
とコップを分けていたら
息子には、「今はこのコップを置くことで納得をしているからしばらくマイコップにしよう!」
とすぐに伝える。

お風呂の順番も、「では今日もいつもの順番でお風呂に入りま~す」
と先に家族に聞こえるように伝える。

物の置く場所を決めて
家族皆に「家族が気持ちよく物を見つけられるように、絵のシールをつけました。
必ずもとに戻しておいてくださいね。」と伝える。

水をたくさんジャージャー出したくて仕方がない時
一回目の失敗を胸に
「お家のお水がなくなったら大変。チリチリがなったら終わりにしましょう。」
若しくは「このバケツのお水で遊びましょう」と事前に伝えておく。

等の工夫を。





e0340757_16380583.jpg


もう3歳になるあおちゃんも
まだ、きれいにこうして紙を並べる事も、
部屋にある全部の椅子を持ってきて並べる事も
続いていますが、
以前ほどのこだわりが少しずつ薄れてきました。

大人都合で言うと、
聞き分けが少しずつ良くなってきているのですが、

なんでもきっちりとしなければいけない
という思いも薄れてきて
今では少し寂しさを感じています。


自分と物事の関係性、秩序感を
しっかり身に付けてくれただろうか。



e0340757_16375441.jpg

とは言え先週の土曜日。
色鉛筆を全部上向きに揃えないと気が済まない
とこだわり片づけていました。


これから2歳を迎えるお子様も
お母さんも「大変」と思えることがあると思います。

こだわりを受け入れるのか
押さえたほうが良いのか
悩む日が来るかもしれませんが、
こだわりを
一度だけ受け入れてみると
子ども達への見る視点が変わることになるかもしれないです。

全部向き合う必要はないと思いますが、
この時期だけ
少しだけ「今はこんな時期」と受け入れられたら…

とはいってもしんどかった~笑


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

急なご報告ですが、
8月26日(金)9:30~12:00
に夏休みちびっこクラスを開催します。
もしご都合がつく方がいらっしゃいましたら
是非ご参加ください!


ひづきの森

info@s-heal.com

shopオープン土曜日・日曜日
10:00~18:00






[PR]
by hidukinomori | 2016-08-24 17:10 | 3歳の過ごし方