子育ても毎日の暮らしも「はじまりはお家から」。西宮市苦楽園口「ひづきの森」のショップとモンテッソーリ教室をしております。 子どもと快適に暮らす楽しみ方やお家づくりについて綴っていきたいと思います。
by hidukinomori
information
★ひづきの森公式ホームページつばめの家オンラインショップ

★モンテッソーリと暮らしショップ
つばめの家 online

★ドライフラワーのshop
emi・flower

★モンテッソーリ教室の問い合わせ
つばめの家

★ESSEオンラインに投稿中
ESSE online

★オリジナル商品を納品中
モンテママのたからもの

★モンテッソーリ教育について講演中
にじいろのクレヨン




★2015年4月までのブログ(ameba)
エクなくらし+





☆メディア掲載




★2016年3月 関西テレビ「ならではハウス」に出演

★2016年9月 阪神神戸CityLifeに掲載
ライフログ
出版本
掲載誌
カテゴリ
西宮苦楽園 ひづきの森
つばめの家 モンテッソーリ教室
エミフラワー ドライフラワー
つばめの家 オンラインショップ
自宅モンテ
子どもと整理収納
子ども服づくり
布小物づくり
小学3年生の過ごし方
小学4年生の過ごし方
3歳の過ごし方
4歳の過ごし方
お家のこと
おでかけ
おすすめのもの
暮らしの工夫
ESSEオンライン
掲載誌
ちいさな森
自己紹介
モンテッソーリ育ち
出版本
タグ
(80)
(22)
(19)
(17)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
その他のジャンル
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
タグ:子育て ( 80 ) タグの人気記事
恵文社バンビオ店さんにてパネル展開催




e0340757_16452286.jpg
5月7日より開催して頂いております。
京都の恵文社バンビオ店さんにてパネル展が開催されています。

写真は、スタッフ佐々木より。

とても素敵な雰囲気のある場所です。

本の中に出てくるワンシーンを、
パネルにしてくださいました。

また、つばめの家オンラインで販売しております
オリジナル商品も置いて下さっています。

商品一つ一つに写真とコメントが添えられていて、
とても感動しました。
素敵にして下さりありがとうございます。

またお近くにお立ち寄りの際は是非覗いてみて下さい。

私も今週末に行かせて頂く予定です。


バンビオ店の津村さん、スタッフの皆様ありがとうございます。


開催は5月末までとなります。


ひづきの森
















[PR]
by hidukinomori | 2018-05-17 17:27 | 出版本
本を出版いたしました。モンテッソーリ子育て はじまりはお家から
e0340757_00042528.jpg


この度3月9日に本が発売されました。
モンテッソーリ子育て
~はじまりはお家から~
これまでの幼稚園で出会った子ども達、教室で今も一緒に学び続けている子ども達、
我が子の子育ての中で実践してきた数々の事をもとに書かせて頂きました。
モンテッソーリ教育に出会って、先生としてだけではなく、お母さんとして本当に良かったと感じています。

本に書くならば、モンテッソーリ教育で学んだ事だけでなく、
それを実際に実践して「よし」と実感できたこと、
また自分なりに試して工夫したことを書きたいと思いました。
今回こうしてご縁を頂きました文化出版局様、
本づくりに携わっていただいたたくさんの方々に感謝を申し上げます。
ありがとうございました。
今子育てをしているお母さんたちが、0歳~6歳までの子育てが充実し、
また「大変だけれど、よかったな」と思えるような子育てができたらと願っております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
藤原 愉美




[PR]
by hidukinomori | 2018-03-19 00:07 | 出版本
配膳のことについて と プレゼント企画
e0340757_16130185.jpg

ランチョンマットと一緒に投稿しようと
準備をしていましたのに、
アップが遅くなりました。

お客様から頂きました
多くのご質問について
お返事が遅くなり申し訳ございません。




e0340757_16111265.jpg

配膳はどこまでさせるのか。

こうしてキッチンから
机にお子様が運ぶのも良いですし、
しっかりと器を持って運ぶ安定感が
心配な方は、
お母さんが机に、料理の入った器を置き、
机からマットに移動するところだけを
お子様にしていただいても良いと思います。

e0340757_16105925.jpg

大切なことは、
「楽しみながら、自分で置く」
という事だと思っております。

また、運ぶ時は、お盆にのせると
こぼれる事の心配はないと思います。
お盆に滑り止めを付けて
まずは、小皿から。
安定してきたらお茶碗→大皿→汁物
と年齢と共に増やしていかれたらいいと思います。

それと大切なことは、
強制しないこと。無理をしないことです。

私たちは配膳させることが目的にならないように気を付けています。

e0340757_16131635.jpg


娘が一番大好きな作業は、
小鉢にサラダを取り分ける事。

娘が「何かお手伝いしたい」
と言ってきたときは、
何でもいいので、
簡単な事でもいいので
一緒にできることを探します。

「では、このキャップ開けて」
「お野菜を、野菜室に入れてくれるかな」と、
そんなことでも十分楽しいお手伝いのようです。

この朝ごはんマット、夜ごはんマット
の名前に特に由来はありませんが
子どもと一緒に食べる朝ごはんと夜ごはんの時間が
楽しい物になってほしいという思いを込めて
付けてみました。


モンテッソーリ教育の為にというのではなく、
子ども達が食べる事が楽しくなる工夫、
配膳を視覚的に十分楽しめる工夫を凝らしています。


このマットも、もう何年も前からリクエストもあり、
計画にもあったのですが
どうしても、「絵」にこだわりたかったので、
こんなに時間がかかってしまいました。

お箸置きを作るところなんかは
スタッフの面白アイデア。
ひとりの力では知れていますが、
人が集まればもっと面白くなりますね。

スタッフ皆共通しているのは、
子ども達への深い愛と想い。
妥協しないところ。


これからも、心して
教室も商品作りも進めていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


いつも皆様ありがとうございます。
感謝の気持ちを込めまして、
初めてのプレゼント企画を致します。
是非たくさんの方にご応募いただけたら嬉しく思います。
どうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村

ひづきの森
藤原








[PR]
by hidukinomori | 2017-11-20 22:01 | つばめの家 オンラインショップ
2017 ハロウィン お家パーティ
e0340757_01523396.jpg

ハロウィンの数日前から、
娘が気になっていた、近所のケーキ屋さんの
黒猫ロールケーキと庭の木の実。

せっかくなので、お家でハロウィンパーティの時に
飾ってみました。

子ども達の喜ぶ顔が見たくて、
子ども達が別の場所にいる間にセッティングしました。

e0340757_01532291.jpg
娘が手にしているキノコも、
ちゃんと食べられるのです。

苦楽園のサニーガーデンのgivernyさんで購入できます。
いつも季節を楽しめるケーキが並んでいます。

ロールケーキのチョコがもちもちでおいしかったです。

e0340757_01462064.jpg
今年のハロウィンパーティはお好み焼きにしました。
焼きあがったお好み焼きに
卵やチーズをトッピングするのがとても楽しいです。

e0340757_01485188.jpg
e0340757_01471095.jpg
娘は大好きなお菓子に囲まれて
幸せ一日となりました。


兄妹げんかがすごいので、
先日譲ることは、競争に勝つことよりも
大切な時もあり、勇気もいるという話をしました。

すると、二人はその後から
「お先にどうぞ」
が増えました。

今回のケーキの猫の顔をどちらが食べるかで
「あおちゃんが食べていいよ。つっくんは尻尾でいいよ。」
「ううん。つっくんが食べたらいいよ。あおちゃんは尻尾でいいからね。」
「いいよ。あおちゃんが食べ。」
「いいって、言ってるやん。」
で、どちらも譲らない。


最後は「じゃあ、あおちゃんが食べる。」で終わりましたが。
取り合いではなく譲りあいの喧嘩でした。

e0340757_01483517.jpg
やった!あおちゃんの勝利?


しっぽまでゲット。





阪急西宮ガーデンズでイベント決定↑



にほんブログ村







[PR]
by hidukinomori | 2017-11-03 02:14 | お家のこと
子どもの満足までのプロセスを助け、見守る

e0340757_17382434.jpg

こんにちは。お久しぶりの登場となります、上原です。

すっかり秋ですが、寒くなったり暑くなったりと寒暖差が激しいですね。
体調を崩されてる方も多くいらっしゃいますので、ご自愛下さい。

あるモンテッソーリの先生から聞いた言葉です。
「大人の目から見てできていることと子どもの満足は比例しない。」
「本当に満足して成熟のプロセスが完成したら子どもは自然にそこから離れる。終わりや評価は自分で決めるのです。」


「もうこんなにハサミはできているのだから、違うことをすればいいのに。」と思ったことがあります。
娘が2歳半ばだったでしょうか。
この頃は上のようなことは知りませんでしたから、軽くは「違うことしたら?」と言ってしまうこともありました。
でも、娘は自分の意に反することは無視するタイプなので聞きません。
「集中している時に声をかけるのはよくない。」「大人の考えを押し付けることはよくない。」と思っていたので1回言って反応がなければ見守っていました。

ある時、成熟のプロセスが完成した瞬間を見ることができました。
親子教室でもはさみ。家でもはさみ。何日も何日もそんな日々が続いたのですが、ある日すっとやめたのです。
何とも言えない満足した表情でした。
そのくらいから娘のすることにできるだけ口を挟まないようにしました。(危険なこと以外は)そして、やりたいことはさせてあげる。
これはやったほうがいいなと思うことは強制にならないよう誘導しました。
そのことが影響しているのか年齢よりは自立しています。

「自分でできるという自信から自立が生まれてきます。」

ぜひ、子どもさんがやりたいと言ったことはできる限りさせてあげてあげてください。
言わないお子さんでも素振りは見せます。よく観察して、「やってみる?」と声をかけると笑顔になりますよ。
汚れても後で片づけ方を教えてあげればいいのです。(それがまた一つ子どもの成長へとつながり、将来的にお母さんの手間もかからないのです。)
日常の生活の中で「子どものやりたい」はたくさんあります。その気持ちをくんで自立への橋をかける手助けをしてあげて欲しいと思います。

どのようにしたらいいかわからない方はぜひ、つばめの家の「ママの会」をご受講下さい。
子育てとは本来とても楽しいものだと気づけるお話がたくさん聞けますし、ご相談にものらせていただきます。

http://s-heal.com/education.php

ひづきの森 上原






[PR]
by hidukinomori | 2017-10-17 17:38 | モンテッソーリ育ち
朝ごはんマット 夜ごはんマット 子どもの配膳の為に
e0340757_16300495.jpg
子どもに、配膳の仕方を伝える。
という事の大切さを、
幼稚園時代に学びました。

その時は机上の空論でしたが、
実際子どもができて
一緒に夕飯の準備をする機会が増えて
その大切さを
少しずつ実感しているところです。


見た目がきれいだから
食べる時に心が落ち着く。

ご飯を左手に、右手でお野菜やお肉を食べることを通じて、
食べやすいという日本の文化を
体で感じることができる。

どこに何を置こうかと、
頭で考えるのが、
子どもは楽しい。

後はモンテッソーリ教育の根幹にあるものですが、
順序立てて、一つ一つ丁寧に最後まで
進めていくことのひとつでもある。


e0340757_16295068.jpg
息子が幼い時は、
本を見ながら進めていました。

でも、その時から、
こんなマットがあったら簡単に伝えることができるし、
楽しんで置くことができるのにな。
と思っていました。

またまた数年越しの実現ですが、
ようやくガイドのついたランチョンマットを作り、
販売に至ることが出来ました。


こだわったのは、
分かりやすいこと。
飾っていてもかわいいということ。
大人好みのダークな色になりすぎず、
赤々しくなく。
色選びにかなり時間がかかりました。



子どもは言葉であれこれ言うより、
見た目で分かりやすいのが一番です。
(※見た目と一言では言い切れないのですが)

e0340757_16132755.jpg


娘の手で見えにくいのですが、
お箸置きもついています。

こんなマットがあったら、
簡単に、お箸置きの大切さ、
何に使うものなのかをお話できるかな
と思いました。


お箸置きに置くことがわかったら、
布製のこのお箸置きを取って、
陶器の物を置くようにしていただいてもOKです。

名前は、特に意味がないのですが、
朝ごはんマットと夜ごはんマットにしてみました。


よかったらのぞいてみて下さい♪

またいつか、子どもたちが使っている様子もアップします。





ひづきの森
藤原




にほんブログ村





[PR]
by hidukinomori | 2017-10-17 16:49 | つばめの家 オンラインショップ
中秋の名月
e0340757_13531569.jpg
また、お料理の事ですが、
先日(私が高熱で倒れる少し前です。)
お月見団子を一緒に作りました。

白玉づくりは以前からよくしていました
今日は一緒にあんこづくり。

と言いましても、娘は小豆をこねるだけ。

e0340757_13524337.jpg
ゆであがった小豆をすり鉢に入れて
すり潰すようにこねるだけですが、
こんな単純な作業が子どもには楽しい。

胡麻をすることはあっても
小豆をすり潰すことはなかなかないので、
喜びますよ。

e0340757_13525951.jpg
できあがった白玉の水けをきって
(ざるに入れているだけで水がきれます。)
上にあんこをのせるだけ。

e0340757_13522551.jpg
そしてできあがり。


中秋の名月を楽しみながら
お団子を頂きました。


おいしかった。

そう。先日、とってもかわいいすり鉢を見つけてきました。
まもなくオンラインにアップ予定です♪

それと、つばめの家のロゴをリニューアルしました。


友人 idea feves さんからの紹介で
紙事さんに作っていただきました。
※HP改装中です。

文字には一つ一つ意味があり、
今と未来の子どもたちの事を
考えられた文字の形を表現してくださいました。

つばめの家のオンラインにも登場します。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


ひづきの森
藤原




にほんブログ村















[PR]
by hidukinomori | 2017-10-15 14:43 | 自宅モンテ
つばめの家 オリジナル説明本が出来ました。
e0340757_11204561.jpg


つばめの家では、
モンテッソーリ教育に基づいた商品や
子ども達、お母さんの為の商品を販売しています。

その中で、少しでもその商品の思いが伝わり、
お子様に生かせることができるように
使い方や、気をつけたい事、
使うポイントなどを記載した小さな本を
お付けする事に致しました。



e0340757_11212832.jpg



お子様のご成長のお役に立てる様なことがあれば嬉しいです。
これまでお買い上げいただきましたみなさまで、
もしご希望の方は
お送りいたしますので、
どうぞメールにてお問合せ下さい。

その際は
hidukinomori@s-heal.comまでお願いいたします。



これまで品切れが多くてすみません。
商品はそろい始めましたので、
これからいろいろとアップしていきます。

お楽しみに。



にほんブログ村


ひづきの森 藤原



[PR]
by hidukinomori | 2017-09-29 18:44 | つばめの家 オンラインショップ
キッチンを楽しくするまな板
e0340757_17493674.jpg

オンラインでもまな板を売ってください
とお問合せを頂きましたので、
早速少しですが準備を始めています。

子どもと一緒にお料理を楽しめる
小さめサイズと、
お母さん用の大きいサイズ。

e0340757_17544641.jpg

一点一点職人さん手作りの
天然木です。

今回は、子ども用だから小さいもの
というのではなくて、
子どもが大きくなっていっても使っていける
また、小学生の子どもたちの
本格的な料理作りにも適している
「小さめサイズ」にしました。

全て形が違うので、
一点ずつ販売予定です。

e0340757_17490203.jpg


こういうまな板は、
お料理にはもったいないと思っていましたが、
このまな板を置いているだけでテンションがあがり
苦手な料理時間が楽しくなるので、
初めて購入した時は良い買い物をしたな
と思いました。

それからはすっかりはまっています。

ちなみに我が家では、
魚や肉などは
プラスチックの厚み1.5㎝くらいの小さなまな板を、
キッチン引き出しに忍ばせています。

見えにくいですが><
e0340757_18112784.jpg



木のまな板は、野菜等を切る為や
その他、料理を演出?する時に使ったり、
子どもとの料理で使っています。


e0340757_17571420.jpg

娘が枝豆を切っている横で、私は栗を剥いています。



まな板は、10月上旬までにはアップできるようにしたいと思っております。
どうぞお楽しみに。




ひづきの森 藤原





[PR]
by hidukinomori | 2017-09-29 18:36 | つばめの家 オンラインショップ
昨年の七五三 4歳の娘の成長のありがたさ
e0340757_00231100.jpg

昨年、娘の七五三のお祝いをしました。
久しぶりに昨年の写真を開いてみたら、
まだまだ、顔がぷっくり。
一年の長さ感じます。

e0340757_00230039.jpg
主人と私の地元の神社でお参りをして
ご挨拶をしてきました。
e0340757_00225044.jpg

娘の七五三の写真は
いつもお世話になっています
西宮市のフォトスタジオ101さんで。
※持ち込みの着物と、101さんでお借りした着物と
2着撮影して頂きました。

家族の思いを受け入れて下さり、
その日の一番の輝きを表現して下さる素敵な写真館です。

今年もまた、七五三の季節がやってきますね。

詳細は、101さんまでお尋ねください。

e0340757_00510350.jpg
先日、娘と作った作品をファイルにまとめていました。
毎日毎日、お仕事を積み重ねてきた物を
少しずつファイリングしています。

その様子を見ているとなんだか涙が出てきました。


「よく頑張ったな」とか「成長したな」
とかそんな感じではなく、

「こうしたい!ああしたい!」とわがままを言っている
時間が懐かしくなることを思って。

自我が芽生えたそんな時期は
親の方が大変ですが
何でも思いを正直に、そしてありのままの姿で
こうしてぶつかってくるなんて
この先どれほどあるだろうと思いました。
そのうち聞き分けがよくなって…
楽になるかもしれないけれど。。

幼い可愛さを今目に焼き付けておこう
と強く思いました。
そして、アルバムを開くたびに、その日々を懐かしく
思うのだろうと目頭が熱くなってしまいました。

先を見ることも大切だけれど、
今の時間をやり過ごさずに、
じっくりかみしめて過ごしていきたいと思っています。


自分の成長も今しかないけれど、
子どもの成長はもっと今しかなくて大切。





にほんブログ村










[PR]
by hidukinomori | 2017-09-28 01:02 | 4歳の過ごし方