夏服づくりの記録

e0340757_03164755.jpg

e0340757_03164500.jpg


夏服づくりの記録。

夏の衣替えの後、
足りないものを、作ってあげることにしました。
もう今では冬の衣替えを終えた頃なのに、
遅ればせながら忘れないうちに。

今年はより一層、
子どものお着替えを応援する服を試行錯誤してみました。


e0340757_03173404.jpg



このダンガリーのパンツは、昔つっくんの為に作っていたもの。
実は作っている間にサイズアウトしてしまっていたのです。

ちょうど今年あおちゃんが着られる日を迎え
ポケットにきつねさんの刺繍をしてあげて用意しました。
前後が分かるように。
ポケットの前後ろをまたぐように刺繍。
この遊び心があおちゃんには大うけでした。


チェック&ストライプさんの
このダンガリー生地で、購入した手の時はパリパリですが、
洗うたびにクタッと柔らかくなり、
着心地がいいのです。

この夏の一番のお気に入りとなりました。

e0340757_03182041.jpg


上に着ているボーダーも、
前後が分かりやすいように、ブローチをつけてあげました。

四角くカットして袖と首を作っただけの簡単なシャツですが、
娘の2番目のお気に入りとなりました。

e0340757_03175763.jpg

次はキュロットパンツを二枚。
ハンカチを持って行くのがブームの娘の為に
分かりやすいポケットを付けてあげることにしました。

e0340757_03310500.jpg

ブルーのリネンも同じパターン。


e0340757_03174528.jpg

毎朝、こうして折りたたんで
ポケットに入れるのがブームでした。

いまでも、朝お洋服を用意する時に
必要なくてもハンカチを出して準備します(笑)

e0340757_03180915.jpg


アドミさんのお生地で、ノースリーブシャツ。

「自分で着替えたい!」
の時期が続いていたので、
ボタンも一人で留められるように前開きにしました。

ボタンの色をそれぞれ変えて
留めやすくしました。

e0340757_03400496.jpg

ブルーのリネンのキュロットと一緒に。
コーディネートは、もうほぼ娘が自分でします。

いろいろと工夫を凝らしたおかげで
随分楽しくお着替えもしているようです。

e0340757_03395192.jpg

最後に、リバティの子供リュック。
子どもたちが自分で荷物を持てるようにと毎年作っています。
今回は少し大人っぽいブルーのお花柄です。


少しだけですが、子どもの為の教材や布小物をネット販売始めました。
少しずつ増やしていければと思います。
↓↓






















[PR]
by hidukinomori | 2016-10-15 04:18 | 子ども服づくり