子育ても毎日の暮らしも「はじまりはお家から」。西宮市苦楽園口「ひづきの森」のショップとモンテッソーリ教室をしております。 子どもと快適に暮らす楽しみ方やお家づくりについて綴っていきたいと思います。
by hidukinomori
information
★ひづきの森公式ホームページつばめの家オンラインショップ

★モンテッソーリと暮らしショップ
つばめの家 online

★ドライフラワーのshop
emi・flower

★モンテッソーリ教室の問い合わせ
つばめの家

★ESSEオンラインに投稿中
ESSE online

★オリジナル商品を納品中
モンテママのたからもの

★モンテッソーリ教育について講演中
にじいろのクレヨン

★2015年4月までのブログ(ameba)
エクなくらし+


☆メディア掲載

★2016年3月 関西テレビ「ならではハウス」に出演

★2016年9月 阪神神戸CityLifeに掲載
ライフログ
掲載誌
カテゴリ
西宮苦楽園 ひづきの森
つばめの家 モンテッソーリ教室
エミフラワー ドライフラワー
つばめの家 オンラインショップ
自宅モンテ
子どもと整理収納
子ども服づくり
布小物づくり
小学3年生の過ごし方
小学4年生の過ごし方
3歳の過ごし方
4歳の過ごし方
お家のこと
おでかけ
おすすめのもの
暮らしの工夫
ESSEオンライン
掲載誌
ちいさな森
自己紹介
モンテッソーリ育ち
タグ
(76)
(21)
(19)
(17)
(15)
(6)
(6)
(4)
(4)
(4)
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
タグ:3歳 ( 3 ) タグの人気記事
ボタンのお仕事

e0340757_14205662.jpg

つばめの家スタッフの佐々木です。


前回からかなりご無沙汰の投稿となりました。申し訳ございません。

つばめの家での事務作業がバタバタしており、なかなかブログ更新まで手が回らなかった状況でしたが、少し事務も落ち着いてきたので、またブログの更新を頑張りたいと思います。

どうぞ、皆さま、宜しくお願いします。



今回、お送りするのは、息子も楽しんでいるボタンのお仕事についてです。

息子は手先が器用な方ではなく、モンテッソーリでいう3本の指を強化する必要があるなぁといつも思っておりました。

そして、なぜ今、息子にボタンのお仕事をさせたかったかと言いますと。。。

同年代の子がこのお魚ボタンをすんなり留めていました。

息子はと言うと…大きなボタンは留めれても、このサイズのボタンは留めた事がなくて。。。



早速、購入して息子にボタンのお仕事を勧めたら、その日は素直にやってくれました。

(現在、息子は3歳9か月で、こちらが勧めても気分が乗らない時や魅力的に感じない時等は「イヤ。」とハッキリと断る事も多いお年頃です。)


早速、ボタンのお仕事をする息子ですが…やはりボタンが小さいので、留めることがなかなかできなくて…。

「できない!できない!」と大泣きして、癇癪を起してました。

癇癪を起すると、周りの声も入らないようになるので、癇癪を起したときは、「落ち着こう!ゆっくりやったらできるから!」と声をかけてあげます。

息子の性格上、最後までやりきらないと気が済まないので、私が横に付いて励まし、泣きながらボタンを最後まで留めました。

息子が最後までできた要因として、フエルトがしっかりしていること、ボタンの穴もそんなに固くなかったことだと思います。


今も時々、お魚ボタンをやっている息子。

まだ完璧とは言いがたいですが、息子の成長にちょうど寄り添い役に立っている教具だと感じました。




お魚ボタン及びスナップについて、つばめの家モンテッソーリ教師藤原がインスタグラムで以下のように言及しておりますので、抜粋致します。

  “お魚ボタンとスナップが出来上がったので検品をしていましたら、小学4年生の息子が懐かしくなったみたいで楽しそうに、スナップをはめています。

今の手先の器用さや、小学校で順序よく事を進められているのは、幼児期のこんなお仕事の積み重ねだと、私はありがたく思いながら見ています。”



このお魚ボタンについて、つばめの家のオンラインショップで購入可能です。(←申し訳ございません。好評につき、今現在完売しております。入荷については、今しばらくお待ちください。)

是非、この機会につばめの家のオンラインショップをのぞいてみて下さい。



ひづきの森 佐々木









[PR]
by hidukinomori | 2017-09-11 15:19 | 自宅モンテ
ナスが食べられるようになったよ
e0340757_16472730.jpg

これは随分前の事ですが、
あおちゃんがようやくナスなどの野菜が食べられるようになりました。

つっくんの小さい時は、
色味の黒い物を出すことが多く
小さい頃から古風な物を食べていたため
好き嫌いなく育ちましたが、
あおちゃんには少し甘やかしてしまったかもしれません。

気が付くと、ナスやピーマンなどの青い野菜
が嫌いになっていました。


料理の工夫でなんとかなると言われても
そう簡単には食べてくれませんし、
忙しい毎日
工夫ばかりしてはいられません。

そんな時、テレビの料理番組で
(普段は全く料理番組なんて見ませんが)
ナスの塩もみをしているのを目にしました。

きゅうりの塩もみならばわかるけれど、
ナスにも塩もみがあるのか~と早速実践。

数度試した後、あおちゃんにも教えてみました。

e0340757_16471060.jpg


サイコロ状に切ったナスに塩をふりかけ
(塩を振りかけるところはあおちゃんが)
もみもみもみ。
e0340757_16471884.jpg

きゅっきゅっきゅ。

e0340757_16470356.jpg

10分程置いたら、少量を手に取り、
e0340757_16465312.jpg
ぎゅーっと絞る。

しっかり水気を切ったら

e0340757_16464568.jpg
ボールにうつし、

e0340757_16474541.jpg

スープ鍋の中に。


そして、写真はありませんが、スープの出来上がり。
この他にも、ミンチ肉とごはんと炒めてチャーハンにしたり
お味噌汁に入れたり、ラタテュイユにしています。

塩もみすることで、水っぽさが抜け、油やだし汁がよくすいこんで
甘みが出ます。

こうして、自分で塩もみして、おいしい香りがしてくるのを目で見ているからか、
「あおちゃん、ナスが好きになったよ」と
食べてくれるようになりました。

それに付随して他にも、
下処理方法を変えるだけで
野菜がたくさん食べられるようになりました。




コツ:ナスの塩もみ
   自分で作る。



ーーーーーーーーーーーーーーー

ひづきの森shopopen

土曜日・日曜日・月曜日
10:00~18:00









[PR]
by hidukinomori | 2016-10-04 17:15 | 3歳の過ごし方
リトルベアクラスの様子 9月
e0340757_14271381.jpg

9月のリトルベアクラスの様子です。
月曜日・火曜日・水曜日の午前中に開催しています。

月曜日クラスの様子をご紹介。

前週のお帰りの時に
靴磨きを紹介しましたら
早速子供たちが
次の週に実践。

e0340757_14273952.jpg

一人の子が始めると、
僕も私も、と並び始めます。
エプロンをして準備をする子も。
3歳を迎えた、迎える子ども達です。

順を追って作業を進めていきます。

終わると、子どもたちは全員
「ふ~」と一仕事終えた満足感を得ているようです。
e0340757_14275555.jpg


2歳になった時から、
お帰りの時に毎回あいうえおのお歌を歌って
楽しんでいるからか

3歳を迎えると自然とひらがなに興味を持つ子ども達です。

決して無理して教えることはありませんが
子ども達から「先生この字読めるよ」と
教えてくれます。

e0340757_14274725.jpg

2歳になったばかりの彼は
今はさみ切りに夢中です。
ここへ来るたびに、
自分との挑戦とばかりに切って切って楽しみます。
e0340757_14272266.jpg

先日京都で買ったしかけ絵本を見てさようなら。
  好きなことをしながら
手や指を使いながら
頭の中を整理していき
そして、また一つ大きくなる。

子どもたちの成長を助けてあげる。
力を持った子どもたちにはそれだけ
充分と感じます。

リトルベアクラスでは、晴れている日に夙川公園に行きます。

思い切り走り回り、山を駆け上がるのも好きでたくさん遊びますが
ただ遊ぶだけではなく子どもたちの感じる心や
季節感、見つけた物を大切にしています。

お弁当の時間も、自分たちで準備をして楽しそうです。

お弁当の準備、子どもたちにさせる事が多くて
大変かなと感じ、
「今日は先生がお手伝いするね。」と袋からお弁当を出してあげたり
お茶を入れてあげようとすると、
子どもたちが怒るのです。

「先生どうしたの。どうして私達の楽しみを取り上げるの!」
と怒られたようで、ごめんね。という思いになりました。

小さくても、ちゃんと人格を持った大人と一緒ですね。





[PR]
by hidukinomori | 2016-09-24 14:42 | つばめの家 モンテッソーリ教室