お家が楽しいと思えることを、子育てのアイデアをご紹介できたらと思っております。小学校3年生の息子と3歳の娘のことも。
by エク
カテゴリ
ひづきの森
モンテッソーリ教室
子どもと整理収納
子ども服づくり
布小物づくり
つっくん 小学3年生
あおちゃん 3歳
お家のこと
おでかけ
自己紹介
掲載誌
おすすめのもの
私のこと
ちいさな森
暮らしの工夫
hidukinomori webshop
おうちモンテ
最新の記事
親子の時間について
at 2017-05-15 13:43
教室の様子について
at 2017-05-01 12:48
2017年4月20日ママの会..
at 2017-04-28 13:54
はじめまして!スタッフ佐々木..
at 2017-04-27 15:50
はじまりはお家から
at 2017-04-27 15:44
「つばめの家」の教室の様子
at 2017-04-14 00:33
新しい生活 入園
at 2017-04-13 23:18
2016年ありがとうございま..
at 2016-12-31 16:20
ひづきの森12月のカレンダー..
at 2016-11-29 08:41
ESSEonline 連載の..
at 2016-11-29 08:24
お知らせ
2015年4月までのブログ
「エクなくらし+」

私たちのお店
「ひづきの森」

納品しています
「モンテママのたからものさん」

月一回ママ講習会に
行っております。
「にじいろのクレヨンさん」(旧チャイルド工房さん)
ライフログ
ESSE賞をいただきました。
掲載いただきました。
関西テレビワンダーにて「プロのならではハウス」に出演
City Life 阪神神戸に掲載されました。
タグ
画像一覧
パンツ生活
e0340757_23094681.jpg




1歳11か月のあおちゃん。
夏になったら、
トイレトレーニングを始めよう。
と思っていました。

ここのところの暑さから、
そろそろ始めることにしました。

これまでの流れ:

赤ちゃんの頃からおむつ生活
昨年の夏(8か月頃)
おまるを出し
時々座らせていました。
奇跡的に数回成功しましたが、
まだ難しそうでしたので、
冬になり一度休憩することにしました。


e0340757_23095379.jpg


そして、現在1歳11か月。

一人でお着替えがスムーズにできるようになったこと。
トイレの間隔が長くなったことを機にスタート。


e0340757_23100428.jpg


つっくんが使っていた
トレーニングパンツ
アンパンマンのおまる
(いつでも使えるようにリビングに置いています。)
を準備し

e0340757_23101147.jpg


e0340757_23104368.jpg


トイレも興味を持つようにかわいらしく。
準備OKです。


そして一日目

おまるに座るだけでも十分。
小さい体なので、
座ることだけでも精いっぱいです。


1時間~2時間の間隔で
トイレに誘ってみる。
出なくてもOK。
トイレットペーパーをくるくるすること
水を流すのが楽しくて
それだけでトイレに行ってくれますが
それでもOK。


もし失敗してもそれでもOK。



私自身も毎日の慌ただしい生活の中。
できたらそれでいいよ。
の繰り返しをしていました。

それから約二週間が経ちましたが
昨日ようやく大きい方が成功。
今日も朝晩事前に伝えてくれましたので
もう間もなく完成でしょうか。


e0340757_23103225.jpg




子どもも、大人と一緒で
綺麗なおトイレが大好き。

芳香剤が苦手な私ですが、

e0340757_23101924.jpg


この無印良品の
フレグランスなら香りもやわらかくて
リラックスできます。
香りは「リフレッシュ」
おすすめです。


次はあおちゃん、小さい方も
少しずつ頑張っています。
ゆったりと進めていきたいと思います。

そうそう、子供の成長は
一進一退ですから。

つっくんの時に購入した
トレーニングパンツ



# by hidukinomori | 2015-05-19 23:34 | あおちゃん
綺麗な字を書くこと mama
e0340757_01235394.jpg


一年生の時の課題は字を書くこと。

なかなかきれいに字が書けなくても
息子は、全く気にしない。

きれいに書くことよりも
書けたらそれでいい。


担任の先生と懇談会の時に
字の練習をする約束をしましたが
なかなか進まない。

「お習字をおすすめします。」と
言われても、
習いに行くのは嫌がりました。




e0340757_01105565.jpg


それならそれでいいという気持ちも
ありましたが、
解決する方法を考えるのも楽しくて
私もあれこれと試行錯誤してみました。


e0340757_01115216.jpg
1年生の3学期には息子なりに
まとまりのある字を書けるようになりました。



怒ったり言い聞かせたりするよりも

①花丸が5つもらえたらノートの表紙にシールを貼ってもらえるという
担任の先生のご提案

②きれいに書けているお友達の字を、
比べるのではなく、
一人の人として正直にほめる(認める)

③つっくんがきれいに書けたところのどこがよかったかを
伝える
例:「お」の丸いところの膨らみ方がとてもきれい
など具体的な部分


ただそれだけで一気に、
きれいに書けるようになりました。

きれいに書くことって、
自分の意思が必要なのだと感じます。




一年かけて
ゆっくりですが
一緒に歩けたような気がします。


二年生になり、転校先の担任の先生から
「君はきれいな字を書くね。」と
ほめられていることが
本当に不思議なくらいです。



字は人に伝えるための伝達手段。
自分自身もそうだけれど
誰かに思いを伝える時に
文字を気持ちよく届けられるか
そういう視点からも
「きれいに書く」ことの大切さを伝えていきたいと思っています。





# by hidukinomori | 2015-05-15 01:46 | つっくん
お庭ができた。
e0340757_23015687.jpg



先週の土日に、
お庭が完成しました。

e0340757_23025766.jpg


石畳の階段。

e0340757_23020826.jpg


お店へ向かう
楓の木。

e0340757_23021644.jpg


e0340757_23022973.jpg



お店の脇道の
まるで古道のような雰囲気の小道。

e0340757_23024885.jpg
e0340757_23031332.jpg


お店の右隣に、
今からお教室が「小さなお家」が
建ちます。

小屋のような
お教室がもうすぐできます。



小屋ができ次第
お店の本格的な準備も始まります。。

庭を作ってくださっているのは、

hanautaさん






# by hidukinomori | 2015-05-15 00:12 | ひづきの森
トッポンチーノ

e0340757_23012089.jpg


久しぶりに作ったトッポンチーノ。
予定より1か月早く生まれた
友人の赤ちゃんの為に。

e0340757_23011007.jpg



私にとっても、
何年も待ちわびていた
待望の赤ちゃんです。



出来上がったトッポンチーノを眺めていたら、
それを見た主人やつっ君たちも懐かしそうに
「あっ。トッポンチーノや。」と

あおちゃんが産まれたとき、
これがどれほど大切で、
役に立ち、
私たちの支えになったか
痛いほど知っている二人だから
それはそれはほほえましく見ていました。

e0340757_23012602.jpg



トッポンチーノを送ったのはちょうどお休みの日。
引越しをしてから、
お出かけするより、
大好きな子供部屋で遊んだり
本を読んだりする方が楽しい二人。

この日は、

家の絵本をわんさかソファへ持ってきて
ひたすら読んでいました。
普段は目が悪くなるから「こんな読み方はいけない」こと
になっていますが、
それをまねするあおちゃんの姿も
含めてほほえましく
少し眺めていました。

e0340757_23013553.jpg
e0340757_23014234.jpg


まだ1歳10か月ですが、
なんとなく本の内容を
覚えているのが
わかります。

今は、音の敏感期のようです。
私の声も小さな生活音にも
強く反応しています。









# by hidukinomori | 2015-05-14 23:33 | 布小物づくり
庭の植木
e0340757_05253199.gif



引越の時には出来上がっている予定の植木でしたが、
雨続きで
ようやく今日植木が入りました。

搬入された木で庭がいっぱいになりました。

e0340757_05261527.jpg
e0340757_05254783.gif

e0340757_05255534.gif



緑が入るまでは
どことなく殺風景な庭も、
板塀と木が植わると
窓に映る家の中の風景まで変わるのですね。


e0340757_05260134.gif


私たちと同じように
首を長くして待っていたつっくんは
朝から誰よりもおおはしゃぎ。

子どもって、順応性もあるけれど、
環境の変化を実はとても大きく肌で感じ、
まるでパズルがはまる、はまらないのように
落ち着く場所を探しているように思います。



こんな経験はなかなかない。
一日中、植木と職人さんを眺めて楽しんでいました。
植物の図鑑を片手に(笑)

e0340757_05381484.jpg


こちらは、正面から、私たちの家の玄関に向かう小道。
華やかなお店の入口と違って
家へ行く道は、
まるで森の中の草をかき分けていく古道のような雰囲気に。
建築前から、考えて下さっていた通りの
シチュエーションが
目の前に広がりました。

e0340757_05251686.jpg



4月に来られた時とは
少し違った庭の姿をようやく皆様にも
お見せすることができそうです。

どうぞお楽しみになさっていて下さいね。








# by hidukinomori | 2015-05-10 06:02 | ひづきの森