子育ても毎日の暮らしも「はじまりはお家から」。西宮市苦楽園口「ひづきの森」のショップとモンテッソーリ教室をしております。 子どもと快適に暮らす楽しみ方やお家づくりについて綴っていきたいと思います。
by hidukinomori
information
★ひづきの森公式ホームページつばめの家オンラインショップ

★モンテッソーリと暮らしショップ
つばめの家 online

★ドライフラワーのshop
emi・flower

★モンテッソーリ教室の問い合わせ
つばめの家

★ESSEオンラインに投稿中
ESSE online

★オリジナル商品を納品中
モンテママのたからもの

★モンテッソーリ教育について講演中
にじいろのクレヨン

★2015年4月までのブログ(ameba)
エクなくらし+


☆メディア掲載

★2016年3月 関西テレビ「ならではハウス」に出演

★2016年9月 阪神神戸CityLifeに掲載
ライフログ
掲載誌
カテゴリ
西宮苦楽園 ひづきの森
つばめの家 モンテッソーリ教室
エミフラワー ドライフラワー
つばめの家 オンラインショップ
自宅モンテ
子どもと整理収納
子ども服づくり
布小物づくり
小学3年生の過ごし方
小学4年生の過ごし方
3歳の過ごし方
4歳の過ごし方
お家のこと
おでかけ
おすすめのもの
暮らしの工夫
ESSEオンライン
掲載誌
ちいさな森
自己紹介
モンテッソーリ育ち
タグ
(76)
(21)
(19)
(17)
(15)
(6)
(6)
(4)
(4)
(4)
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
子どもの満足までのプロセスを助け、見守る

e0340757_17382434.jpg

こんにちは。お久しぶりの登場となります、上原です。

すっかり秋ですが、寒くなったり暑くなったりと寒暖差が激しいですね。
体調を崩されてる方も多くいらっしゃいますので、ご自愛下さい。

あるモンテッソーリの先生から聞いた言葉です。
「大人の目から見てできていることと子どもの満足は比例しない。」
「本当に満足して成熟のプロセスが完成したら子どもは自然にそこから離れる。終わりや評価は自分で決めるのです。」


「もうこんなにハサミはできているのだから、違うことをすればいいのに。」と思ったことがあります。
娘が2歳半ばだったでしょうか。
この頃は上のようなことは知りませんでしたから、軽くは「違うことしたら?」と言ってしまうこともありました。
でも、娘は自分の意に反することは無視するタイプなので聞きません。
「集中している時に声をかけるのはよくない。」「大人の考えを押し付けることはよくない。」と思っていたので1回言って反応がなければ見守っていました。

ある時、成熟のプロセスが完成した瞬間を見ることができました。
親子教室でもはさみ。家でもはさみ。何日も何日もそんな日々が続いたのですが、ある日すっとやめたのです。
何とも言えない満足した表情でした。
そのくらいから娘のすることにできるだけ口を挟まないようにしました。(危険なこと以外は)そして、やりたいことはさせてあげる。
これはやったほうがいいなと思うことは強制にならないよう誘導しました。
そのことが影響しているのか年齢よりは自立しています。

「自分でできるという自信から自立が生まれてきます。」

ぜひ、子どもさんがやりたいと言ったことはできる限りさせてあげてあげてください。
言わないお子さんでも素振りは見せます。よく観察して、「やってみる?」と声をかけると笑顔になりますよ。
汚れても後で片づけ方を教えてあげればいいのです。(それがまた一つ子どもの成長へとつながり、将来的にお母さんの手間もかからないのです。)
日常の生活の中で「子どものやりたい」はたくさんあります。その気持ちをくんで自立への橋をかける手助けをしてあげて欲しいと思います。

どのようにしたらいいかわからない方はぜひ、つばめの家の「ママの会」をご受講下さい。
子育てとは本来とても楽しいものだと気づけるお話がたくさん聞けますし、ご相談にものらせていただきます。

http://s-heal.com/education.php

ひづきの森 上原






[PR]
by hidukinomori | 2017-10-17 17:38 | モンテッソーリ育ち
朝ごはんマット 夜ごはんマット 子どもの配膳の為に
e0340757_16300495.jpg
子どもに、配膳の仕方を伝える。
という事の大切さを、
幼稚園時代に学びました。

その時は机上の空論でしたが、
実際子どもができて
一緒に夕飯の準備をする機会が増えて
その大切さを
少しずつ実感しているところです。


見た目がきれいだから
食べる時に心が落ち着く。

ご飯を左手に、右手でお野菜やお肉を食べることを通じて、
食べやすいという日本の文化を
体で感じることができる。

どこに何を置こうかと、
頭で考えるのが、
子どもは楽しい。

後はモンテッソーリ教育の根幹にあるものですが、
順序立てて、一つ一つ丁寧に最後まで
進めていくことのひとつでもある。


e0340757_16295068.jpg
息子が幼い時は、
本を見ながら進めていました。

でも、その時から、
こんなマットがあったら簡単に伝えることができるし、
楽しんで置くことができるのにな。
と思っていました。

またまた数年越しの実現ですが、
ようやくガイドのついたランチョンマットを作り、
販売に至ることが出来ました。


こだわったのは、
分かりやすいこと。
飾っていてもかわいいということ。
大人好みのダークな色になりすぎず、
赤々しくなく。
色選びにかなり時間がかかりました。



子どもは言葉であれこれ言うより、
見た目で分かりやすいのが一番です。
(※見た目と一言では言い切れないのですが)

e0340757_16132755.jpg


娘の手で見えにくいのですが、
お箸置きもついています。

こんなマットがあったら、
簡単に、お箸置きの大切さ、
何に使うものなのかをお話できるかな
と思いました。


お箸置きに置くことがわかったら、
布製のこのお箸置きを取って、
陶器の物を置くようにしていただいてもOKです。

名前は、特に意味がないのですが、
朝ごはんマットと夜ごはんマットにしてみました。


よかったらのぞいてみて下さい♪

またいつか、子どもたちが使っている様子もアップします。










[PR]
by hidukinomori | 2017-10-17 16:49 | つばめの家 オンラインショップ
中秋の名月
e0340757_13531569.jpg
また、お料理の事ですが、
先日(私が高熱で倒れる少し前です。)
お月見団子を一緒に作りました。

白玉づくりは以前からよくしていました
今日は一緒にあんこづくり。

と言いましても、娘は小豆をこねるだけ。

e0340757_13524337.jpg
ゆであがった小豆をすり鉢に入れて
すり潰すようにこねるだけですが、
こんな単純な作業が子どもには楽しい。

胡麻をすることはあっても
小豆をすり潰すことはなかなかないので、
喜びますよ。

e0340757_13525951.jpg
できあがった白玉の水けをきって
(ざるに入れているだけで水がきれます。)
上にあんこをのせるだけ。

e0340757_13522551.jpg
そしてできあがり。


中秋の名月を楽しみながら
お団子を頂きました。


おいしかった。

そう。先日、とってもかわいいすり鉢を見つけてきました。
まもなくオンラインにアップ予定です♪

それと、つばめの家のロゴをリニューアルしました。


友人 idea feves さんからの紹介で
紙事さんに作っていただきました。
※HP改装中です。

文字には一つ一つ意味があり、
今と未来の子どもたちの事を
考えられた文字の形を表現してくださいました。

つばめの家のオンラインにも登場します。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


ひづきの森
藤原




にほんブログ村















[PR]
by hidukinomori | 2017-10-15 14:43 | 自宅モンテ
幼児のおもちゃの選び方 キュボロ mamalife
e0340757_18235107.jpg



ついに娘がキュボロに興味を持ち始めました。
昨日子ども部屋で子どもたちの様子を一緒に見ていたら、
突然キュボロを取り出して
並べ始めただけでなく、
「お母さんやり方教えて」と。
なんだかうれしくなって一緒に楽しんでいました。



息子は、こんな事が大好きでしたが、
娘はあまり興味がなく、誘ってみてもすぐにどこかへ行ってしまったので、
無理にさせることもなくキュボロを眠らせていました。
と言っても、見える位置に置いていましたが。

こんな高価なものが、
もう少しでお払い箱になる所でした汗

e0340757_18232616.jpg


息子は図形や立体が大好きで
夜遅くなっても、夢中で遊んでいたのを覚えています。

今はまっている遊び

キュボロ
アメブロ過去記事より

e0340757_18234342.jpg
e0340757_18233372.jpg


今は私の出番がないくらい、
全て息子が教えてくれているから
今までと違って楽だ~

と思ったら大間違い。
この後、大喧嘩となりました。


こんなに仲睦まじい画像なんて、
ほんの一瞬のカットにすぎません笑

4歳ともなると、
もう自分の意志がしっかりしていて
兄だろうが年上だろうが関係なしに、
「じぶんでしたいの!!」
の連発です笑
そんなときは、「人の邪魔をしない」
とただ私は言うだけ笑




このキュボロは友人の家で遊んだことをきっかけに
息子が3歳に買ってあげたのですが
こんなにはまると思いませんでした。
息子は、穴の位置を自分で確認しながら
組み立て、ビー玉が通って大感激です。

この後、特に買い足すこともなく
この基本形だけで十分楽しめました。


おもちゃを買う時の思いは

⓵おもちゃにもそれぞれとても意味があって、
そのおもちゃを十分に遊ばせてあげたい
と思っています。

②年齢が過ぎたり、逆に届かず難しすぎる物は
部屋から取り去り、
今必要なものだけを置くようにしています。

③選ぶ時の基準は、まず私が「いい!」と思ったものを
買ったり、準備して置いておきます。
全てを子どもに聞くのではなく、
私が見て「よい」と思ったものを選んで買います。
時には子どもたちに「これどう」と聞くこともありますが
これは決めてもらうのではなく反応を見ているだけです。
子どもはまだ、表面的なところしか見ることができないので、
その下に隠れている本当の意味は
お母さんがジャッジしてあげないと難しいと感じています。

④子どもが欲しいというものは、
よく検討してから買います。



よいか悪いかは、使ってみなければわからないこともあるので
試しにおもちゃ屋さんで遊ばせてもらうこともあります。
※そのあとは、そのおもちゃやさんで必ず何かを買わせて頂きます。
遊ぶだけという事は絶対しない覚悟で。




子どもが気に入るか気に入らないか、
はまるかはまらないかは
遊び方、遊ばせ方、置き方でずいぶん変わってきますよ。

また、その辺りもゆっくり記事にしていきたいと思います。


↓つばめの家オンラインショップ
↓インスタグラム




にほんブログ村


ひづきの森 藤原













[PR]
by hidukinomori | 2017-10-02 19:34 | おすすめのもの
最近のリトルベアクラスさん mamalife
e0340757_17582234.jpg


今日のリトルベアクラス
秩序の敏感期のピークを迎える子どもたちは
「こうしたい!」という思いが強くて
大変だ~と思う事と同じくらい面白いこともあります。

e0340757_17583542.jpg

秘密袋の中身をそれぞれ出しては揃える
3歳の二人。

1人は横に同じ向きに並べたい。
1人はこうして物と物を突き合わせて並べたい。

どちらも譲りたくない。

そこで私が
「こうして二つ合わせたらピッタリになるんだね。」
と草履と草履を本を閉じるようにピタッとくっつけてみたら
「ほんまや!面白いやん」
と納得してくれて、

突き合わせの並べ方で、二人は最後までやり遂げました。



たまたまくっつけてみたことが
二人の興味にはまってくれましたが、
時には譲りたくなくて喧嘩が続くときもあります。

それでも、
いろいろな方法を見せると、
それでアッと子どもたちが気づくこともあるので、
私はいつも「何とかしよう!」と思わずに、
「こんな方法は?」
「あんな方法は?」
と子どもたちに直接問いかけてみます。

それでもだめな時もありますが。
子ども達は色々な角度から見れるように声をかけています。

こんな小さな子どもたちでも、
それに気づいて驚いてくれることが多いです。



e0340757_17581167.jpg


これは先週の金曜日クラスのリトルベアさん。
皆、真剣に取り組んでいます。
お弁当を食べるまでは、黙々と
自分で選んだ仕事に取り組んでいます。

もう2学期ともなると、
やり方も勝手も分かってずいぶん自主的に動けるようになりました。

こうして2歳~3歳の頃にしっかり手を動かし、
お友達と過ごした子どもたちは
年少さんになると
驚くほどお兄さんお姉さんになります。

お兄さんお姉さんというと語弊があるかもしれませんが
一人の人として、
ますます成長していくのが分かります。

これからが楽しみです。

今はつばめの家の教室は満席ですが、
少しずつ来年のご予約をお取りしております。
定員に達し次第キャンセル待ちとなります。
どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村


ひづきの森 藤原











[PR]
by hidukinomori | 2017-10-02 18:13 | つばめの家 モンテッソーリ教室