子育ても毎日の暮らしも「はじまりはお家から」。西宮市苦楽園口「ひづきの森」のショップとモンテッソーリ教室をしております。 子どもと快適に暮らす楽しみ方やお家づくりについて綴っていきたいと思います。
by hidukinomori
information
★ひづきの森公式ホームページつばめの家オンラインショップ

★モンテッソーリと暮らしショップ
つばめの家 online

★ドライフラワーのshop
emi・flower

★モンテッソーリ教室の問い合わせ
つばめの家

★ESSEオンラインに投稿中
ESSE online

★オリジナル商品を納品中
モンテママのたからもの

★モンテッソーリ教育について講演中
にじいろのクレヨン

★2015年4月までのブログ(ameba)
エクなくらし+


☆メディア掲載

★2016年3月 関西テレビ「ならではハウス」に出演

★2016年9月 阪神神戸CityLifeに掲載
ライフログ
掲載誌
カテゴリ
西宮苦楽園 ひづきの森
つばめの家 モンテッソーリ教室
エミフラワー ドライフラワー
つばめの家 オンラインショップ
自宅モンテ
子どもと整理収納
子ども服づくり
布小物づくり
小学3年生の過ごし方
小学4年生の過ごし方
3歳の過ごし方
4歳の過ごし方
お家のこと
おでかけ
おすすめのもの
暮らしの工夫
ESSEオンライン
掲載誌
ちいさな森
自己紹介
モンテッソーリ育ち
タグ
(78)
(21)
(19)
(17)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
朝ごはんマット 夜ごはんマット 子どもの配膳の為に
e0340757_16300495.jpg
子どもに、配膳の仕方を伝える。
という事の大切さを、
幼稚園時代に学びました。

その時は机上の空論でしたが、
実際子どもができて
一緒に夕飯の準備をする機会が増えて
その大切さを
少しずつ実感しているところです。


見た目がきれいだから
食べる時に心が落ち着く。

ご飯を左手に、右手でお野菜やお肉を食べることを通じて、
食べやすいという日本の文化を
体で感じることができる。

どこに何を置こうかと、
頭で考えるのが、
子どもは楽しい。

後はモンテッソーリ教育の根幹にあるものですが、
順序立てて、一つ一つ丁寧に最後まで
進めていくことのひとつでもある。


e0340757_16295068.jpg
息子が幼い時は、
本を見ながら進めていました。

でも、その時から、
こんなマットがあったら簡単に伝えることができるし、
楽しんで置くことができるのにな。
と思っていました。

またまた数年越しの実現ですが、
ようやくガイドのついたランチョンマットを作り、
販売に至ることが出来ました。


こだわったのは、
分かりやすいこと。
飾っていてもかわいいということ。
大人好みのダークな色になりすぎず、
赤々しくなく。
色選びにかなり時間がかかりました。



子どもは言葉であれこれ言うより、
見た目で分かりやすいのが一番です。
(※見た目と一言では言い切れないのですが)

e0340757_16132755.jpg


娘の手で見えにくいのですが、
お箸置きもついています。

こんなマットがあったら、
簡単に、お箸置きの大切さ、
何に使うものなのかをお話できるかな
と思いました。


お箸置きに置くことがわかったら、
布製のこのお箸置きを取って、
陶器の物を置くようにしていただいてもOKです。

名前は、特に意味がないのですが、
朝ごはんマットと夜ごはんマットにしてみました。


よかったらのぞいてみて下さい♪

またいつか、子どもたちが使っている様子もアップします。





ひづきの森
藤原




にほんブログ村





[PR]
by hidukinomori | 2017-10-17 16:49 | つばめの家 オンラインショップ
<< 子どもの満足までのプロセスを助... 中秋の名月 >>