子育ても毎日の暮らしも「はじまりはお家から」。西宮市苦楽園口「ひづきの森」のショップとモンテッソーリ教室をしております。 子どもと快適に暮らす楽しみ方やお家づくりについて綴っていきたいと思います。
by hidukinomori
information
★ひづきの森公式ホームページつばめの家オンラインショップ

★モンテッソーリと暮らしショップ
つばめの家 online

★ドライフラワーのshop
emi・flower

★モンテッソーリ教室の問い合わせ
つばめの家

★ESSEオンラインに投稿中
ESSE online

★オリジナル商品を納品中
モンテママのたからもの

★モンテッソーリ教育について講演中
にじいろのクレヨン

★2015年4月までのブログ(ameba)
エクなくらし+


☆メディア掲載

★2016年3月 関西テレビ「ならではハウス」に出演

★2016年9月 阪神神戸CityLifeに掲載
ライフログ
掲載誌
カテゴリ
西宮苦楽園 ひづきの森
つばめの家 モンテッソーリ教室
エミフラワー ドライフラワー
つばめの家 オンラインショップ
自宅モンテ
子どもと整理収納
子ども服づくり
布小物づくり
小学3年生の過ごし方
小学4年生の過ごし方
3歳の過ごし方
4歳の過ごし方
お家のこと
おでかけ
おすすめのもの
暮らしの工夫
ESSEオンライン
掲載誌
ちいさな森
自己紹介
モンテッソーリ育ち
タグ
(78)
(21)
(19)
(17)
(15)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
お茶を入れること。
e0340757_15404842.jpg

以前から子どもがお茶を入れることを家でしていました。
これは、モンテッソーリ教育の中にはないのですが、
私が家で実践していたことを形にしてみました。

スタッフの協力のおかげで
ちょうどよい急須とお茶缶が見つかりました。

持ちやすいので、子どもたちも
大絶賛。

どうして、このお茶セットを紹介したかったかは、
モンテッソーリ教育の目線から、
スタッフが細かく書いてくれていますので、
ブログをご覧ください。↓に貼りつけます。


e0340757_15411511.jpg

あおちゃんも、このお茶を入れるのがとても好きで
「何かお手伝いしたい~」と言っても
何もない時。
お友達が遊びに来た時や
お父さんが早く帰ってきた時等

「お茶を入れてもらえるかな。」と言うと
喜んで入れてくれます。

e0340757_15403269.jpg

砂時計で時間を計っています。

e0340757_15410327.jpg

「最初から最後まで一人で」を実現できるアイテムの一つです。
子どものペースに合わせて
入れさせてあげてください。

e0340757_15412907.jpg
夏に新調した急須を出してきて
今でもはまっています。

e0340757_15393929.jpg
冬の時期だけいつでも入れられるように、
こうして机の上にお盆にのせて出しています。


そうそう。そもそも、どうして小さいうちからこんなことを
するのが大切なのか。。
よく聞かれますし、私も疑問に思ったことがありました。
それを詳しく書いてくれています。
↓スタッフのブログ
商品は↓



にほんブログ村

ひづきの森
藤原




[PR]
# by hidukinomori | 2017-11-27 15:57 | 自宅モンテ
子ども用机と椅子を発送しました。
e0340757_15250172.jpg


2ヶ月待ちの子ども用の机と椅子が届きましたので
今回分を発送致します。
机と椅子のセットは箱が大きいので、スタッフが小さく見えます。

この机と椅子が届いたら、家じゅうが木のいい香りがします。
ずっと嗅いでいたいくらいですが、
次の日にはすぐ発送となります。残念。

お待たせを致しまして申し訳ございませんでした。
今しばらくお待ちください。


次回分はまた、2か月後の発送となります。
どうぞお待ちください。







にほんブログ村

ひづきの森
藤原




[PR]
# by hidukinomori | 2017-11-27 15:32 | つばめの家 オンラインショップ
配膳のことについて と プレゼント企画
e0340757_16130185.jpg

ランチョンマットと一緒に投稿しようと
準備をしていましたのに、
アップが遅くなりました。

お客様から頂きました
多くのご質問について
お返事が遅くなり申し訳ございません。




e0340757_16111265.jpg

配膳はどこまでさせるのか。

こうしてキッチンから
机にお子様が運ぶのも良いですし、
しっかりと器を持って運ぶ安定感が
心配な方は、
お母さんが机に、料理の入った器を置き、
机からマットに移動するところだけを
お子様にしていただいても良いと思います。

e0340757_16105925.jpg

大切なことは、
「楽しみながら、自分で置く」
という事だと思っております。

また、運ぶ時は、お盆にのせると
こぼれる事の心配はないと思います。
お盆に滑り止めを付けて
まずは、小皿から。
安定してきたらお茶碗→大皿→汁物
と年齢と共に増やしていかれたらいいと思います。

それと大切なことは、
強制しないこと。無理をしないことです。

私たちは配膳させることが目的にならないように気を付けています。

e0340757_16131635.jpg


娘が一番大好きな作業は、
小鉢にサラダを取り分ける事。

娘が「何かお手伝いしたい」
と言ってきたときは、
何でもいいので、
簡単な事でもいいので
一緒にできることを探します。

「では、このキャップ開けて」
「お野菜を、野菜室に入れてくれるかな」と、
そんなことでも十分楽しいお手伝いのようです。

この朝ごはんマット、夜ごはんマット
の名前に特に由来はありませんが
子どもと一緒に食べる朝ごはんと夜ごはんの時間が
楽しい物になってほしいという思いを込めて
付けてみました。


モンテッソーリ教育の為にというのではなく、
子ども達が食べる事が楽しくなる工夫、
配膳を視覚的に十分楽しめる工夫を凝らしています。


このマットも、もう何年も前からリクエストもあり、
計画にもあったのですが
どうしても、「絵」にこだわりたかったので、
こんなに時間がかかってしまいました。

お箸置きを作るところなんかは
スタッフの面白アイデア。
ひとりの力では知れていますが、
人が集まればもっと面白くなりますね。

スタッフ皆共通しているのは、
子ども達への深い愛と想い。
妥協しないところ。


これからも、心して
教室も商品作りも進めていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


いつも皆様ありがとうございます。
感謝の気持ちを込めまして、
初めてのプレゼント企画を致します。
是非たくさんの方にご応募いただけたら嬉しく思います。
どうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村

ひづきの森
藤原








[PR]
# by hidukinomori | 2017-11-20 22:01 | つばめの家 オンラインショップ
2017 ハロウィンの服
e0340757_01463461.jpg
e0340757_01465581.jpg
今年も、ハロウィンの衣装は白雪姫。
昨年作った服、まだ十分入りました。

リボンより、キラキラのカチューシャ。





にほんブログ村


[PR]
# by hidukinomori | 2017-11-03 02:17 | 子ども服づくり
2017 ハロウィン お家パーティ
e0340757_01523396.jpg

ハロウィンの数日前から、
娘が気になっていた、近所のケーキ屋さんの
黒猫ロールケーキと庭の木の実。

せっかくなので、お家でハロウィンパーティの時に
飾ってみました。

子ども達の喜ぶ顔が見たくて、
子ども達が別の場所にいる間にセッティングしました。

e0340757_01532291.jpg
娘が手にしているキノコも、
ちゃんと食べられるのです。

苦楽園のサニーガーデンのgivernyさんで購入できます。
いつも季節を楽しめるケーキが並んでいます。

ロールケーキのチョコがもちもちでおいしかったです。

e0340757_01462064.jpg
今年のハロウィンパーティはお好み焼きにしました。
焼きあがったお好み焼きに
卵やチーズをトッピングするのがとても楽しいです。

e0340757_01485188.jpg
e0340757_01471095.jpg
娘は大好きなお菓子に囲まれて
幸せ一日となりました。


兄妹げんかがすごいので、
先日譲ることは、競争に勝つことよりも
大切な時もあり、勇気もいるという話をしました。

すると、二人はその後から
「お先にどうぞ」
が増えました。

今回のケーキの猫の顔をどちらが食べるかで
「あおちゃんが食べていいよ。つっくんは尻尾でいいよ。」
「ううん。つっくんが食べたらいいよ。あおちゃんは尻尾でいいからね。」
「いいよ。あおちゃんが食べ。」
「いいって、言ってるやん。」
で、どちらも譲らない。


最後は「じゃあ、あおちゃんが食べる。」で終わりましたが。
取り合いではなく譲りあいの喧嘩でした。

e0340757_01483517.jpg
やった!あおちゃんの勝利?


しっぽまでゲット。





阪急西宮ガーデンズでイベント決定↑



にほんブログ村







[PR]
# by hidukinomori | 2017-11-03 02:14 | お家のこと